失敗

 手を抜かず本気でやっていても、時には失敗することがある。
「失敗を恐れるな」
 そんな言葉をよく目に耳にする。
 一概に失敗と言っても、どんな失敗か。自分が恥をかくだけの失敗なら、恐れる必要はないと思う。誰かに迷惑をかけたり、誰かの生死に関わるような失敗も中にはある。そんな失敗には慎重にならなければならない。
 失敗したら、迷惑をかけてしまった相手に心から謝る。ごまかしはたいていすぐに、あるいはそのうち明らかになる。ごまかしは癖になる。小さなごまかしが大きなごまかしに膨らんでいく。小さなごまかしでも、誰かの信頼を大きく失う。
 心から謝っても、相手は責め立ててくるかもしれない。相手にかけてしまった迷惑を考えれば、それも仕方ないと思えるかもしれない。不当に思えるほど責めてきたら、それは相手の方がわるいのだから反撃してやろう。それくらいに思っていないと謝る勇気が出てこないこともある。